2007年12月19日

有馬記念情報3

いよいよあす木曜、有馬記念の枠順が確定。
今日最終追い切りが、東西でスタートした。
各有力馬が素晴らしい動きを披露し、ますます難解なレースになりそうだ。

追い切りを終えた陣営の情報

メイショウサムソン
「かからずにいい感じだった。落ち着いているのがいい。今回は距離が長くなるからこれはいい傾向」と好調維持をアピール。
自ら最終追い切りにまたがった武豊は・・・カリカリせずいい動き。楽にゆったり走っていた。前走は負けたというより落とした感じ。有馬記念だけは絶対負けられない。相手も強いが、いい状態だし、サムソンなら勝てると思う。

ウオッカ
控えめな最終追い切りとなったウオッカだが・・・これは陣営の思惑道りの追い切りであろう。エ女王杯取り消しの影響があったジャパンC時とは違う
騎乗者四位は・・・先週はハードな追い切り。馬の気に任せるといくらでも行く馬なのでセーブした。牡馬一線級相手に甘くはないが、一着目指して頑張る。

ポップロック
角居流3頭併せで、道中はじっくりと折り合いに専念する形を取るが、ポップロック自身は走る気満々。抜群の気配で最終追い切りを締めくくった。
スタンドで観戦していたペリエは・・・見ていても一戦ごとに体調が良くなっているのが分かる。文句なしだね!と満足げなコメント。しばらく日本でG1を勝っていないので頑張りたい。と意欲をみなぎらせた。

ダイワスカーレット
見た目のアクションは軽いものだが、時計はエ女王杯当時より約2秒詰めてのフィニッシュ。「具合はすごくいい。抜く時の感触も申し分なかったし、ここまで使ったレースと同じ状態で出られると思う」と安勝も状態に関しては合格点をつけた。

ダイワメジャー
「とにかく順調。昨年の同時期よりも確実に状態はいい」と絶好調をアピール。
昨年の3連勝時とくらべ、今年は毎日王冠敗退後、天皇賞秋では不利を受け不完全燃焼。「今年の方が余力がある」と師も豪語する。

ドリームパスポート
前走骨折明けのジャパンCで初の2ケタ着順(14着)だったが、「前回は力んでいたが今回は制御が利くようになった。元に戻った」と復活に太鼓判を押した。

デルタブルース
「この中間はいい頃のうるさい面がでてきた。前走のジャパンC(5着)はこの馬らしさを取り戻したレースだった。週末は天気が崩れそうなのもこの馬にはプラス。スタミナがあってバテないので中山も合っています」と好ムード。

インティライミ
「中間は攻めの調教を積んできた。最終追い切りは申し分ない稽古ができたと思うし、体が絞れて状態は本当にいいよ。中山はごまかしの利くコースだけに少しでもファンを沸かせたい」と巻き返しに力が入っている。

フサイチパンドラ
「かなり馬自身の気持ちが前向きになってきた。前走より気配がいいし、太くもみえないね」と好調をアピール。

ハイアーゲーム
「前走後、いくらかカイ食いが落ちたが、すぐに回復。脚元に疲れもなく好調を保っている」と動きには納得の口ぶり。


いや〜各馬ほんとにいい気配ですね。
絶対的存在のいない今年、、それはそれで楽しみなグランプリになりそうですね〜


  新鮮な競馬情報が満載!!
   ↓ ↓        ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ  人気ブログランキング
posted by 仕事人 at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事人の日記
この記事へのコメント
 
ここのGTレース11番勝負、当てまくりですね。
無料予想で毎週これだけ凄いのには驚きです。

http://blog.livedoor.jp/jrakatte/
 
 
Posted by ブログ村長 at 2007年12月20日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73662039

この記事へのトラックバック
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。