2007年12月03日

中央競馬の歴史(昭和時代)

■1954年(昭和29年)
・9月16日 7月1日に公布された日本中央競馬会法により、日本中央競馬会創立。
・9月25日 日本中央競馬会主催の初めての中央競馬が東京と京都で行われる。
■1959年(昭和34年)
・2月23日 アメリカ遠征中のハクチカラがワシントンバースデーハンデに優勝、日本調教馬初の海外重賞制覇。
・9月5日 競走計時の表示を従来の1/5秒単位から1/10秒単位に改正。
■1964年(昭和39年)11月15日、シンザンが史上2頭目の三冠を達成。
■1965年(昭和40年)5月14日に竣工した新潟競馬場で、7月10日より22年振りに新潟競馬が再開される。
■1968年(昭和43年)12月8日の開催をもって繋駕速歩競走が全面廃止される。
■1969年(昭和44年)11月11日、栗東トレーニングセンター開場。
■1972年(昭和47年) 馬インフルエンザ蔓延のため、2月下旬まで関東地区の競馬開催が中止される。
■1974年(昭和49年)5月3日、皐月賞で初のシード制(のちに単枠指定制度に改められる)実施。適用第一号はキタノカチドキ。
■1978年(昭和53年)4月10日、美浦トレーニングセンター開場。
■1981年(昭和56年) この年より馬名入りゼッケンが使用を開始する(当時は同年創設されたジャパンカップのみに限定)。
■1982年(昭和57年)3月23日、千葉県印旛郡白井町(現・白井市)にJRA競馬学校が開校。
■1983年(昭和58年)11月13日、ミスターシービーが史上3頭目の三冠を達成。
■1984年(昭和59年)
・この年よりグレード制が導入される。
・11月11日シンボリルドルフが史上4頭目(無敗では史上初)の三冠を達成。
■1986年(昭和61年)11月2日、メジロラモーヌが史上初の牝馬三冠を達成。
■1987年(昭和62年) 日本中央競馬会の略称がJRA(Japan Racing Association)に改められる。
posted by 仕事人 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中央競馬の歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。